リリース情報 (Heat API v5)


2012年7月31日にHeat API v5がリリースされました!

ということで、リリースノートを意訳してみました。
ちょっとね、勉強不足でクラウド用語っつーかAWS用語がアレですまんね(´・ω・`)

The heat developers are happy to announce the release of new version of Heat.
Heat is a project designed for OpenStack that implements AWS CloudFormation.
CloudFormation is a programmable interface and tempalting system for orchestrating multiple cloud applications.

Heatの新しいバージョンをリリースすることができてうれしく思います。
HeatはOpenStack版のAWS CloudFormationを開発するプロジェクトです。
CloudFormationはクラウドアプリケーションを制御するためのプログラマブルなインターフェースとテンプレートを提供します。

Try it out on Fedora 17:
https://github.com/heat-api/heat/blob/master/docs/GettingStarted.rst#readme

Or Ubuntu 12.04:
https://github.com/heat-api/heat/wiki/Getting-Started-with-Heat-using-Master-on-Ubuntu

Fedora 17またはUbuntu 12.04でHeat v5を試してみてください。


What’s new in version 5:

Heat v5の新機能

* Load balancing and Autoscaling

Heat can now use CloudWatch to monitor instances and cause stacks to scale up and down.

* ロードバランスとオートスケール

HeatはCloudWatchを使用してインスタンスの監視を行い、スタックのスケールアップ、スケールダウンを実行します。


* Per-tenant stacks

Stacks are now accessed per-tenant rather than per-user.
If two users belong to the same tenant, they can see and modify the same stacks.

* テナント単位のスタック操作

スタックはユーザ単位ではなくテナント単位でアクセスされます。
2ユーザが同じテナントに所属している場合は、それぞれのユーザが同じスタックを操作することができます。


* Update stack

A running stack can now be updated by sending a new template via the `UpdateStack` API call.

* スタックの更新

実行中のスタックに対してもテンプレートによる更新処理が可能となりました。
更新にはUpdateStackのAPIコールを使用します。


* Remote Database Storage

Heat now supports RDS::DBInstance which is: a preconfigured MySQL instance that other resources can use.
Support for multiple availability zones and database snapshots is not yet implemented.

* リモートデータベースストレージ

HeatはAWSが提供しているMySQLのインスタンスをサポートしています。
複数のアベイラビリティゾーンのサポートとデータベースのスナップショット作成はまだ実装されていません。


* Improved API compatibility

Heat API is now fully aligned with AWS CloudFormation API spec.
Heat developers have produced a port of the heat CLI tool which uses the Boto AWS client library.

* 互換性の改善

Heat APIはAWS CloudFormation APIに完全に準拠しています。
また、BotoのAWSクライアントライブラリを使用したheat用のコマンドラインツールが開発されました。


* Integration tests

Heat now has scripts for running integration tests using Beaker:

* 統合テストツール

Heatには統合テストを実行するためのスクリプトを同梱されています。
テストツールBeakerを使用して開発されています。


* Usability improvements for heat-jeos

The command line tool for generating OS images is now more flexible and easier to use.
Note that single-instance EBS templates are not functional at the moment:

* hear-jeosの改善

OSイメージを生成するためのコマンドラインツールが改良されて使いやすくなりました。
シングルインスタンスのEBSテンプレートは現時点では未対応です。


参考情報

Comments are closed.