リリース情報 (Heat API v4)


The Heat API – A template based orchestration framework
Posted on April 24, 2012

Over the last year, Angus Salkeld and I have been developing a IAAS high availability service called Pacemaker Cloud. We learned that the problem we were really solving was orchestration. Another dev group was also looking at this problem inside Red Hat from the launching side. We decided to take two weeks off from our existing work and see if we could join together to create a proof of concept implementation from scratch of AWS CloudFormation for OpenStack. The result of that work was a proof of concept project which provided launching of a WordPress template, as had been done in our previous project.

Angusと私は昨年までPacemaker CloudプロジェクトでIAASの高可用性について検討してきましたが、高可用なクラウド環境を実現するためにはorchestration、つまり様々なコンポーネントが調和した状態で機能することが必要であるということがわかりました。
Red Hatの別プロジェクトで働いている開発者たちも同じ問題をかかえていました。
私たちは二週間ほどPacemaker Cloudプロジェクトの仕事から離れて、別プロジェクトとの協働について、つまり、AWS CloudFormationのようなテンプレートを使用したシステム構築をOpenStackでも実現することができるかどうかという点について検討しました。
Pacemaker Cloudプロジェクトも、ある典型的なシステム、例えばWordPressのサービスを提供するための独自のテンプレートを用意していましたし、この考え方は実現可能だと思います。

The developers decided to take another couple weeks to determine if we could get a more functional system that would handle composite virtual machines. Today, we released that version, our second iteration of the Heat API. Since we have many more developers, and a project that exceeded our previous functionality of Pacemaker Cloud, the Heat Development Community has decided to cease work on our previous orchestration projects and focus our efforts on Heat.

開発者たちはさらに何週間か議論を重ね、複数の仮想マシンを制御するための様々な機能について検討しました。そしていよいよ、Heat APIのリリースが実現したのです。
たくさんの開発者が参加してくれたおかげで、HeatはPacemaker Cloudよりも機能面でかなり上回っています。
このため、Pacemaker Cloudは開発を中止し、Heatの開発に注力することになりました。

A bit about Heat: The Heat API implements the AWS Cloud Formations API. This API provides a rest interface for creating composite VMs called Stacks from template files. The goal of the software is to be able to accurately launch AWS CloudFormation Stacks on OpenStack. We will also enable good quality high availability based upon the technologies we created in Pacemaker Cloud including escalation.

Heatについて:
Heat APIはAWS Cloud Formation APIと同じような実装です。テンプレートを使用して複数の仮想マシンスタックを作成することができます。
将来的には、OpenStack環境でAWS CloudFormationのスタックを起動させることを目標としています。
また、Pacemaker Cloudで実装を試みていたエスカレーション機能も含めて、高品質の高可用性機能も提供します。

Given that C was a poor choice of implementation language for making REST based cloud services, Heat is implemented in Python which is fantastic for REST services. The Heat API also follows OpenStack design principles. Our initial design after our POC shows the basics of our architecture and our quickstart guide can be used with our second iteration release.

RESTベースのクラウドサービスを想定して、HeatはCではなくPythonで実装されています。また、HeatはOpenStackの設計方針にも追従しています。
Heatという新しいプロジェクトの実現可能性を検討している段階での初期デザインはまさにそのアーキテクチャの基本となるものであり、関連するドキュメント(※)はsecond iteration releaseで実現可能な動作を前提に記述されています。

※ 原文は「quickstart guide」ですが、githubの「Getting Started With Heat」を指しているのだと思います。

A mailing list is available for developer and user discussion. We track milestones and issues using github’s issue tracker. Things are moving fast – come join our project on github or chat with the devs on #heat on freenode!

開発者用、ユーザ用のメーリングリストもすでに利用可能です。githubでマイルストーンや議論の管理も行っています。開発はかなりはやいスピードで進行しています。興味のある方はgithubやIRCのチャット(#heat on freenode)に参加してください!

あらあら おやおや それからどんどこしょー

Pages: 1 2

Comments are closed.