別冊あんどりゅーくん(第3号)


2. ゲストOSのインストール

virt-managerを使ってゲストにもFedora 16をにょろにょろとインストールしました。

  1. ホストでvirt-managerを起動
  2. localhost(QEMU)で右クリック→「新規」を選択
  3. 仮想マシンのノード名を設定/インストール方法の選択
  4. インストールメディアの場所を指定/OSの種類とバージョンを選択
  5. メモリーとCPUの設定を選択
  6. ハードディスクの設定
  7. パーティションの設定
    • 「すべての領域を使用する」を選択/「Use LVM」のチェックをはずす
  8. ソフトウェアの選択
    • 「デスクトップを選択」/「Customiz later」を選択

ゲストOSのSELinuxとファイアーウォールも無効化してください。

 

3. OSのアップデート

yumの設定を行います。

# vim /etc/yum.conf  

proxy=http://プロキシサーバのIPアドレス:8080

 

ホストOSとゲストOSのアップデートを行います。20分くらいかかりました。

# yum -y install yum-plugin-fastestmirror
# yum -y update

Pages: 1 2 3 4 5 6

Comments are closed.