別冊あんどりゅーくん(第3号)


1. ホストOSのインストール

まずは、ホストOSとしてFedora 16をインストールします。
こちらからFedora 16 DVD 64ビット版をダウンロードして、にょろにょろとインストールしました。

  1. インストールメディアから起動
  2. 言語/キーボードの設定で「日本語」を選択
  3. 「基本ストレージデバイス」を選択
  4. 「新規インストール」を選択
  5. ホスト名/ネットワーク構成を設定
  6. タイムゾーン「東京」を選択/「System clock uses UTC」のチェックをはずす
  7. rootのパスワードを設定
  8. パーティションを設定
    • 「カスタムレイアウトを作成する」を選択
    • デフォルトで/varにいろんなファイルが配置されることが多いので/varを大きめにする便利です。
  9. 「/dev/sda上にブートローダーをインストール」を選択
  10. 「ソフトウェア開発」/「Customize now」を選択
    • 「サーバー」→「サーバ設定ツール」をチェック
    • 「ベースシステム」→「システムツール」「仮想化」「管理ツール」をチェック
  11. ポストインストール
    • 一般ユーザの作成
    • 日付と時刻

インストール終了後にrootユーザで下記の設定を行います。

  • セキュリティの設定
    • SELinuxを無効にする
      • 「/etc/sysconfig/selinux」で「SELINUX=disabled」を設定
    • ファイアーウォールを無効にする
      • 「アクティビティ」→「アプリケーション」→「ファイアーウォール」
      • 「無効」を選択した後、「適用」を選択
  • ネットワークの設定
    • NetworkManagerのサービスを停止
      # systemctl disable NetworkManager.service
      # systemctl stop NetworkManager.service
    • networkのサービスを開始
      # systemctl enable network.service
      # systemctl start network.service
    • ブリッジの作成
      # cd /etc/sysconfig/network-scripts/
      # cp -p ifcfg-em1 ifcfg-br0

      # vim ifcfg-em1
      HWADDR=”XX:XX:XX:XX:XX:XX”
      IPV6INIT=”no”
      UUID=”1dad842d-1912-ef5a-a43a-bc238fb267e7″
      #IPADDR0=”192.168.XXX.XXX”         ★ コメントにいれる
      #PREFIX0=”24″                    ★ コメントにいれる
      DEFROUTE=”yes”
      IPV4_FAILURE_FATAL=”yes”
      NM_CONTROLLED=”yes”
      BOOTPROTO=”none”
      #GATEWAY0=”192.168.XXX.XXX”      ★ コメントにいれる
      DEVICE=”em1″
      TYPE=”Ethernet”
      ONBOOT=”yes”
      NAME=”System em1″
      BRIDGE=br0 ★ 追記

      # vim ifcfg-br0
      HWADDR=”XX:XX:XX:XX:XX:XX”
      IPV6INIT=”no”
      UUID=”1dad842d-1912-ef5a-a43a-bc238fb267e7″
      IPADDR=”192.168.XXX.XXX”               ★ IPADDR0 → IPADDR
      PREFIX=”24″                                       ★ PREFIX0 → PREFIX
      DEFROUTE=”yes”
      IPV4_FAILURE_FATAL=”yes”
      NM_CONTROLLED=”yes”
      BOOTPROTO=”none”
      GATEWAY=”192.168.XXX.XXX”           ★ GATEWAY0 → GATEWAY
      DEVICE=”br0″                                     ★ em1 → br0
      TYPE=”Bridge”                                     ★ Ethernet → Bridge
      ONBOOT=”yes”
      NAME=”System br0″                             ★ em1 → br0 

       

    • ネットワークの再起動
      # systemctl restart network.service
  • rsyslogの設定
    • 「空白文字(Tab)」が「#011」へ変換されちゃっていたので、「EscapeControlCharactersOnReceive」の設定を追加してください(参考)。
      # vim /etc/rsyslog.conf 

      $EscapeControlCharactersOnReceive off

       

      rsyslogサービスを再起動します。

      # systemctl restart rsyslog.service

Pages: 1 2 3 4 5 6

Comments are closed.