製品呼称に関する注意喚起

. . . → Read More: 製品呼称に関する注意喚起

ペースメーカーからピースメーカーへ変更になります

Linux-HA Japanでは、ここ数年間Pacemakerの普及に努めてまいりましたが、未だにPacemaker(ペースメーカー)をPeacemaker(ピースメーカー)と呼ばれることが多々有り、悩まされおりました。

この状況を打開すべく議論を重ねた結果、いっその事名称をPacemaker(ペースメーカー)からPeacemaker(ピースメーカー)に変更すればいいのでは?という意見があり、思い切って変更いたしました!これに併せてロゴも以下に変更になります。

また、クラスタ制御部Corosyncも、日本語では”殺”を連想させるためピース(平和)には相応しくないとの意見があり、クラスタ制御部の名称を”Corosync”から”生”が連想できる”Ikisync”に変更いたしました。Peacemakerがサポートするクラスタ制御部はこのIkisyncのみとなりますのでご注意ください。

まずは、Pacemakerリポジトリパッケージ 1.0.12-1.3 から派生した Peacemaker 1.0.12-1.3リポジトリパッケージを以下にリリースしましたので、早速新しい名称のパッケージを使ってみたい方は是非ご活用ください。対象ディストリビューションはRHEL6となります。
※パッケージのインストール、起動確認までは行いましたが、不具合報告、苦情は一切受け付けておりません。

. . . → Read More: ペースメーカーからピースメーカーへ変更になります

STONITH plugin “eject” is out now!

Split Brain is the most awful situation in the cluster world,
. . . → Read More: STONITH plugin “eject” is out now!

新STONITHプラグイン eject をリリース!

皆さんPacemaker使っていますか~?

PacemakerのようなHAクラスタを構築する上で注意しないといけないのがスプリットブレインですよね。PacemakerにはIPMIのように電源を制御できるハードウェアがサーバに搭載されていると、それを使用してスプリットブレインを回避できますが、安いPCにはそんなハードウェア搭載されてないよ!っていう人も多いと思います。

そんな人向けに、特殊なハードウェアを必要としないSTONITHプラグイン “eject” を本日 2011年4月1日にリリースしました!!
本プラグインはスプリットブレイン時に、光学ドライブを開閉させ対向ノードの電源ボタンを押すことで、STONITHの機能を実現します。

本プラグインを使用するには以下の条件が必要になりますのでよーく読んでくださいね。

使用条件

電源ボタンが搭載されていて、カバー等で覆われていないこと
光学ドライブが搭載されていること

光学ドライブのモータ駆動力が弱いと使用できません

2台のPCを向かい合わせで設置できること
BIOSで電源ボタン長押しじゃなくても、PCを再起動もしくは電源OFFできるように設定できること
PCの設置位置を微妙に調整できる繊細さを持っていること

なお、ハードウェアの制約により以下のことは実現できませんのでご注意。

制約

電源OFF、再起動、電源ONを使い分けることはできません
動作結果の確認はできません

ejectできればかならずSTONITHが成功したとみなします

フェイルオーバ後、PCの位置を調整し直す必要があります

インストール方法

インストール方法はいたって簡単。ダウンロードした”eject“を展開後、以下のディレクトリに配置するだけです。

32bit環境の場合

/usr/lib/stonith/plugins/external/

64bit環境の場合

/usr/lib64/stonith/plugins/external/

ファイルのパーミッションは755(rwxr-xr-x)を設定してください、

本プラグインで必要なパラメータは “hostname”のみです。対向ノードのホスト名を設定してください。

本日は2011年4月1日です (^ ^)
使用は自己責任でお願いします。動作報告はメーリングリストまでお願いします。

参考資料

エアコンをリモート操作する仕組みを作った
遠隔操作でハムスターを暑さから救おう!2.0

Presented by eject . . . → Read More: 新STONITHプラグイン eject をリリース!