pm_extra_tools-1.2-1 リリースノート


pm_extra_tools パッケージは Pacemaker-2系用の追加ツールをパッケージしたものです。 RHEL 8 High Availability Add-On(以下 HA Add-On) / CentOS 8 に同梱されている Pacemaker-2.0系 と組み合わせて利用します。


1. リリースノート

pm_extra_tools-1.2-1 をリリースしました(2021/02/03)。

本リリースはマイナーアップデートリリースです。具体的な修正内容は 「変更履歴」 を参照してください。

従来 Linux-HA Japan コミュニティでは、Pacemaker-1.1系リポジトリパッケージという形でPacemaker本体も全て含めたパッケージのリリースを行ってきましたが、Pacemaker-2.0系以降では追加ツール類のみをパッケージしリリースを行っています。詳細は 「参考情報」OSC2020 Tokyo/Spring セミナー資料 Linux-HA Japan プロジェクトのこれまでとこれから を参照してください。


2. ダウンロード

pm_extra_tools パッケージは以下のページよりダウンロードできます。


3. 使い方

pm_extra_tools を利用するには、あらかじめ Pacemaker をインストールする必要があります。Pacemaker のインストール方法は 「参考情報」 の項などを参照してください。

pm_extra_tools に含まれるツールとその使い方については以下のリンク先を参照してください。


4. 変更履歴

  • pm_extra_tools-1.2-1
    • pm_pcsgen:
      • pm_pcsgenが出力する pcs コマンドの一部が将来廃止予定となったため、推奨コマンドに置き換えました。
        • 変更前: pcs resource defaults , pcs resource op defaults
        • 変更後: pcs resource defaults update , pcs resource op defaults update
      • サンプル・パラメータシートのインターコネクトLAN故障時の相撃ち防止設定例を、新しい Pacemaker のオプション priority-fencing-delay を利用する方式に変更しました。
        • 変更前: STONITHリソースの delay 属性による設定
        • 変更後: priority-fencing-delay オプションおよびサービスリソースの priority 属性設定
        • priority-fencing-delay の利用により、常にサービスリソースが稼働しているノードを優先してサービス継続を行うことが可能になります。
        • priority-fencing-delay オプションは RHEL 8.3 HA Add-On 以降の Pacemaker で利用可能です。
  • pm_extra_tools-1.1-1
    • pgsql(PostgreSQL管理用のリソースエージェント):
      • 開発コミュニティの最新の修正に追随し、Pacemakerとのバージョン互換性が改善されました。
      • これにより RHEL 8.2 HA Add-On との組み合わせでレプリケーション機能(PG-REX構成)が正しく動作しない事象が解消されます。
  • pm_extra_tools-1.0-1
    • 初版リリース

5. 参考情報

以上。

Comments are closed.