OSC2015 Fukuoka セミナー資料・アンケート結果公開


10月3日(土) に九州産業大学にて開催されたオープンソース カンファレンス2015 Fukuoka にLinux-HA Japanも参加し、ブース展示および講演を行いました。当日は天気も良く、会場全体で約400名の来場がありました。

講演は「PG-REXで学ぶPacemaker運用の実例」というタイトルで、PacemakerとPostgreSQLのレプリケーション機能を組み合わせた「PG-REX」を題材に、実際の故障が発生した際の故障内容によるPacemakerの挙動の違い、および各種故障事例を挙げながら原因解析方法、復旧方法について紹介させていただきました。

以下にセミナーの資料およびセミナーで例示したPG-REX構成のCRM設定を公開しますので、参考にしていただければと思います。



また、デモブースで、デモ構成のCRM設定を公開してほしい、というリクエストをいただいたので、以下に公開します。
セミナーで例示の構成に加え、DRBD, Filesystem, Apacheリソースが加わっており、より複雑な制約が設定されています。参考にしてください。



また、当日はブースで多くの方にアンケート協力して頂きありがとうございました。
アンケート結果を以下に公開します。
(回答者計19名, 円グラフ中の数値は「回答者数,割合(%)」です。)
OSC2015Fukuoka_enquete01
OSC2015Fukuoka_enquete02
OSC2015Fukuoka_enquete03
OSC2015Fukuoka_enquete04
OSC2015Fukuoka_enquete05
OSC2015Fukuoka_enquete06
OSC2015Fukuoka_enquete07

Comments are closed.