リリース情報 (resource-agents 3.9.3)


2012年5月25日にresource-agents 3.9.3がリリースされました!
ということでいつものごとく、メーリングリストに投稿されたリリースノートの意訳です。

We’ve tagged on May 25th a new stable resource-agents release (3.9.3) in the upstream repository.
Big thanks go to all contributors! Needless to say, without you this release would not be possible.

5月25日にresource-agents 3.9.3をリリースしました。
バグの報告やパッチの作成などにご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました!

Some highlights:

今回のリリースで注目すべき大きな変更点は下記のとおりです。

– rgmanager/vm.sh: Added support for doing tunneled migrations

rgmanagerにvm.shスクリプトが追加されました。libvirtの「トンネルマイグレーション」をサポートしています。

vm.shで「–tunnelled」オプションも使えるようになったみたいですね。
virshコマンドのヘルプはこんな感じでした。これみてもよくわかんないな…。


# virsh help migrate
  名前
    migrate - 他のホストにドメインを移動させる

  形式
    migrate [--live] [--p2p] [--direct] [--tunnelled] [--persistent] [--undefinesource] [--suspend] [--copy-storage-all] [--copy-storage-inc] [--change-protection] [--verbose]   [] [] [--timeout ] [--xml ]

  詳細
    ドメインを他のホストに移動させる。活性移動では --live を付加する。

  オプション
    --live           活性移動
    --p2p            peer-2-peer migration
    --direct         direct migration
    --tunnelled      tunnelled migration
    --persistent     persist VM on destination
    --undefinesource  undefine VM on source
    --suspend        do not restart the domain on the destination host
    --copy-storage-all  migration with non-shared storage with full disk copy
    --copy-storage-inc  migration with non-shared storage with incremental copy (same base image shared between source and destination)
    --change-protection  prevent any configuration changes to domain until migration ends)
    --verbose        display the progress of migration
    [--domain]   ドメイン名、id または uuid
    [--desturi]   connection URI of the destination host as seen from the client(normal migration) or source(p2p migration)
    [--migrateuri]   移動 URI。通常は省略可
    [--dname]   移行中に新しい名前に改名(サポートがある場合)
    --timeout   force guest to suspend if live migration exceeds timeout (in seconds)
    --xml    filename containing updated XML for the target


– new resource agents:
asterisk, dhcpd, named, pound, rsyslog, slapd, varnish

新しいRAがいくつか追加されました。

RAの名前は、そのRAが起動/監視/停止処理を担当するサービスやデーモンなどの名前そのままなので解説は省略します。新規RAは asterisk, dhcpd, named, pound, rsyslog, slapd, varnish です。

– mysql: improve replication support

mysql RAの修正です。
レプリケーション機能のサポートが一部改良されています。

– pgsql: support for replication

pgsql RAの修正です、
レプリケーション機能のサポートが追加されました。

– Raid1: support for multiple MD arrays

Raid1 RAの修正です。
複数のmdデバイスで構成されたアレイに対するサポートが追加されました。

– SAPInstance/SAPDatabase: use saphostagent and support for more databases

SAPInstance RAおよびSAPDatabase RAの修正です。
すいません、SAP、みたことすらないのでアレなんですが、saphostagentというツール?コマンド?を使って複数のデータベースを操作することができるようになったような感じです。

– several new ocft test cases

ocftのテストケースを追加しました。

ocf-testerというツールがあるのですが、これを使うとRAの単体試験ができます。
The OCF Resource Agent Developer’s Guideに使い方が紹介されているので、興味のある方は試してみてください。

The full list of changes for the linux-ha RA set is available in ChangeLog.
Please upgrade at the earliest opportunity.

Best,

チェンジログはGitHubで参照することができます。
可能であれば、早い時期にバージョンアップすることをお勧めします。

Pages: 1 2

Comments are closed.