リリース情報 (Pacemaker 1.1.7)


2012年3月29日にPacemaker 1.1.7 リリースされました!

ということで、“The Cluster Guy”に掲載されたリリースノートに注釈を加えながら翻訳してみました。

After much hard work, the latest installment of the Pacemaker 1.1 release series is now ready for general consumption.

いろいろと大変なこともありましたが、ついにPacemaker 1.1.7をリリースします。

後述の「変更点」にも挙げられていますが、Corosync 2.0への対応が大変だったようです。
なお、2012年4月6日の時点ではCorosyncはv1.99.9がリリースされています。
3月中に2.0がリリースされる予定でしたが、ちょっと遅れているみたいですね。

Changesets 513
Diff

1171 files changed,
90472 insertions,
19368 deletions

チェンジセット合計数 513
変更されたファイル数 1171
追加行数 90472
削除行数 19368

As well as the usual round of bug fixes, see the full changelog,

バグフィックスも含めた全てのチェンジログはGitHubで参照することができます。

this new release brings:

今回のリリースに含まれる大きな変更点をいくつか紹介します。

  1. Support for Corosync 2.0
  2. Logging optimisations (less of it and less work performed for logs that wont be printed)
  3. The ability to specify that A starts after ( B or C or D )
  4. Support for advanced fencing topologies: eg. kdump || (network && disk) || power
  5. Resource templates and tickets have been promoted to the stable schema
  6. Support for gracefully giving up resources depending on a ticket



1. Support for Corosync 2.0

メッセージングレイヤとして Corosync 2.0 にも対応しました。

・現在サポートされているメッセージングレイヤとクラスタマネージャの組み合わせ

メッセージングレイヤ クラスタマネージャ
Heartbeat 3.0.5 Pacemaker 1.0系
Corosync 1.4系 Pacemaker 1.0系
Heartbeat 3.0.5 Pacemaker 1.1.6
Corosync 1.4系 Pacemaker 1.1.6
Corosync 2.0 Pacemaker 1.1.7

なお、ここでPacemaker 1.0系と表記しているバージョンは
Linux-HA Japanのリポジトリからダウンロード可能な1.0.11
および、ClusterLabからダウンロード可能な1.0.12を指します。

これより古いバージョンを使用されている場合は、バージョンアップをお勧めします。
Linux-HA JapanでもPacemaker 1.0.12のパッケージを準備中です!
もうすぐダウンロードできるようになるらしいです。|_・)チラッ

しかし、Corosync-1.99.9(= 2.0) と Pacemaker-1.1.7 の組み合わせでは
リソースのモニター故障時にフェイルカウントがあがらないという症状(fail-count is not updated)、
が報告されています。
Corosync 2.0に対応したよ!といいつつもCorosync 2.0 + Pacemaker 1.1.7 の組み合わせは
まだちょっと微妙ですね…。
また、Heartbeat-3.0.5とPacemaker-1.1.7の組み合わせでも
on-failの設定が無効となる(デフォルト値のrestartが採用されてしまう)という症状(on-fail is not effective)
が報告されています。
近いうちに Pacemaker 1.1.7-1 とか -2 とかがリリースされそうな気がします。

ちなみに、Pacemaker 1.1系とCorosync 1.4系以上(2.0系を含む)を組み合わせて動作させる場合は、CorosyncとPacemaker、それぞれのinitスクリプトを実行する必要があります。

参考情報

起動手順


# service corosync start
# service pacemaker start

停止手順


# service pacemaker stop
# service corosync stop

また、Heartbeat 3.0.5とPacemaker 1.1.7を組み合わせて動作させる場合は、ha.cfに下記の設定を追加してください。


compression bz2
compression_threshold 30 
traditional_compression yes

compression_thresholdの設定値は各環境で調整する必要があります。

参考情報
compression with heartbeat doesn’t seem to work
traditional_compression – controls compression mode


2. Logging optimisations (less of it and less work performed for logs that wont be printed)

ロギング処理の見直しを行いました。

今まで info で出力されていたメッセージのレベルが debug へ変更されています。
Pacemaker はちょっとアレなくらいログを吐くので、出力量が減ってきているのはありがたいのですが、リソースの実行状況を追跡するときに頼りにしていたあんなメッセージやこんなメッセージも debug に変更されてました T^T
これって1.1.6で変更されてたのかなあ…気づかなかったよ…。

以前にご紹介したこともありますが、プロセスにシグナルを送ることによって、そのプロセスだけデバッグレベルを変更することができます。

デバッグレベルをあげる


# pkill -SIGUSR1 <プロセス名>

デバッグレベルをさげる


# pkill -SIGUSR2 <プロセス名> 

なお、ロギング処理にはlibqbが採用されていますが、Pacemaker 1.1.7のビルド時にlibqpは必須ではありません。
Pacemaker 1.1.8以降はIPC(プロセス間通信)にもlibqpを採用しており、ビルド時の前提条件にも追加されるようです。
参考情報


3. The ability to specify that A starts after ( B or C or D )

リソースB または C または D のいずれかが起動した後に、リソースA を起動させるという複雑な順序制約の設定が可能となりました。
参考情報

実際に試してみて、またご報告します。
ふと思ったんですが、これってcrm shellとかLCMCとかでも設定できるようになってるのかな…。

Pages: 1 2

Comments are closed.