月刊あんどりゅーくん(1月号)



師走も最終局面な今日この頃ですが、今月もリリース情報と知恵袋です。

リリース情報はDRBD 8.4.1とBOOTHがメインです。
知恵袋ではPacemaker Cloudを紹介します。

1. リリース情報

1.1 DRBD 8.4.1

1.2 BOOTH
1.3 Debianパッケージ
1.4 LCMCの新機能

1.1 DRBD 8.4.1

DRBD 8.4.1がリリースされました!
8.4.0のバグフィックスが含まれているので、
8.4.0を使用している場合は8.4.1へのアップデートをお勧めします。

8.4.1に取り込まれた新機能は下記二点です。

* Read load balancing   diskセクションに「read-balancing」パラメータを追加
* Works with Linux-3.2   Linux 3.2対応

その他のバグフィックス、機能追加情報はこちら。

* Fixed a bug that might cause in kernel list corruption triggered by simultaneous IO on multiple volumes in a single resource
単一リソースに設定した複数のvolumesから同時にI/Oが発生するとカーネルのリストが
破壊されるというバグを修正しました。

* Fixed a bug that might cause a kernel OOPS in the worker thread while the receiver tied to establish a connection (drbd-8.4.0 regression)
receiverが接続中にworker用のスレッドでkernel OOPSが発生するというバグを修正しました。
(DRBD 8.4.0にも含まれるバグです) 

* Fixed an issue in the receiver that could cause connection triggered by simultaneous IO on multiple volumes in a single resource
単一リソースに設定した複数のvolumesから同時にI/Oが発生する条件でのreceiverの動作を修正しました。

* Consider the discard-my-data flag for all volumes
全てのvolumesに対してdiscard-my-dataフラグを設定することができるようになりました。
8.4.0では、discard-my-dataフラグを設定しても最初のvolumeにしか効いてなかったようですね ^o^;

* Fixed attaching to backing devices that do not support barriers/flushes, when barriers/flushes are not disabled by the configuration.(drbd-8.4.0 regression)
バリア/フラッシュをサポートしていないデバイスへの接続処理を修正しました。
(DRBD 8.4.0にも含まれるバグです)

* Fixed a rare compatibility issue with DRBD’s older than 8.3.7 when negotiating the bio_size
DRBD 8.3.7以前とのバージョン互換性(bio_size関連)を修正しました。

* Fixed a rare race condition where an empty resync could stall with if pause/unpause events happen in parallel
再同期処理実行中にpause/unpauseが同時に発生すると、再同期処理が競合状態に陥る可能性がありましたが、
修正されました。

* Made the re-establishing of connections quicker, if it got a broken pipe once. Previously there was a bug in the code caused it to waste the first successful established connection after a broken pipe event.
再接続時の動作を改善しました。

* crm-fence-peer.sh: Can now deal with multiple DRBD instances being in a master/slave group
DRBDの複数リソースをPacemakerのgroupで管理する場合、フェンシングに使用する
crm-fence-peer.shにリソースのIDを指定する必要がなくなりました。

参考:http://linux-ha.sourceforge.jp/wp/archives/2468

* Optional load balancing for read requests: new keyword “read-balance”
diskセクションに「read-balancing」パラメータが追加されました。

「read-balancing」パラメータに設定可能な値(デフォルト値はprefer-local)
  • prefer-local(ローカルディスクからの読み込み優先)
  • prefer-remote(リモートディスクからの読み込み優先)
  • round-robin(ローカルおよびリモートディスクからラウンドロビンで読み込み)
  • least-pending(ローカルディスクでペンディングが発生していた場合リモートディスクから読み込み)
  • when-congested-remote(ローカルディスクで処理が混雑していた場合リモートディスクから読み込み)
ちょっと最後の二つ(least-pending, when-congested-remote)の違いがわかりません。
--- a/documentation/drbdsetup.xml +++ b/documentation/drbdsetup.xml @@ -481,6 +481,23 @@ </para> </listitem> </varlistentry> + +        <varlistentry> +          <term> +            <option>--read-balancing <replaceable>method</replaceable></option> +          </term> +          <listitem> +           <para> +             The supported <replaceable>methods</replaceable> for load balancing of +             read requests are <option>prefer-local</option>, <option>prefer-remote</option>, +             <option>round-robin</option>, <option>least-pending</option> and +             <option>when-congested-remote</option>.</para> +             <para> The default value of is <option>prefer-local</option>. +             This option is available since 8.4.1. +             </para> +          </listitem> +        </varlistentry> +
--- a/drbd/linux/drbd.h +++ b/drbd/linux/drbd.h @@ -96,6 +96,14 @@ enum drbd_on_congestion { OC_DISCONNECT, };  +enum drbd_read_balancing { +       RB_PREFER_LOCAL, +       RB_PREFER_REMOTE, +       RB_ROUND_ROBIN, +       RB_LEAST_PENDING, +       RB_CONGESTED_REMOTE, +}; + /* KEEP the order, do not delete or insert. Only append. */ enum drbd_ret_code { ERR_CODE_BASE           = 100,

Pages: 1 2 3

Comments are closed.