月刊あんどりゅーくん(7月号)


今月も、先月にひきつづきリリースてんこもり月間でした。
というわけで、まずは各製品のリリース情報を簡単にご紹介します。
知恵袋では、crm シェルを使ってリソースの故障情報を削除する手順を解説します。

  1. リリース情報
  2. 知恵袋

 

1. リリース情報

1.1 Linux-HA Japan Pacemakerリポジトリパッケージ 1.0.10-1.4.2 のリリース(2011/06/06)

以下の拡張パッケージが更新されています。

  • crmファイル編集ツール(pm_crmgen)
  • 拡張リソースエージェント・プラグイン(pm_extras)
  • ログメッセージ制御機能(pm_logconv-hb)

詳細はこちらを参照してください。

1.2 rerource agents 3.9.1 のリリース(2011/06/16)

今回のリリースの特徴は、Linux-HAで開発してきたRAと
Red Hat Cluster Suiteに含まれるrgmanager用のRAが統合された点です。
Linux-HAのRAは前回のリリースが 1.0.4 だったのですが
rgmanager側が 3.1系のブランチを持っていたため
数字の大きなrgmanagerにあわせて、3.9.1 からのリリースとなりました。

rgmanagerは使わないから、Linux-HA用のRAだけインストールしたいなあ
という場合は、ビルド時に –with-ras-set オプションを指定する必要があります。
(with の前のハイフンは2個です)
デフォルトは –with-ras-set=all なので
Linux-HA も rgmanager もインストールされちゃいますが
–with-ras-set=linux-ha    とすると、Linux-HAだけ
–with-ras-set=rgmanager とすると、rgmanagerだけインストールすることができます。

RHEL6.1での操作例

# git clone http://github.com/ClusterLabs/resource-agents/
# cd resource-agents/
# git checkout v3.9.1
# ./autogen.sh
# ./configure –with-ras-set=linux-ha
# make  

# make install
または
# make rpm


Linux-HA用のRAには次の修正が取り込まれています。

Highlights for the LHA resource agents set:

– lxc, symlink: new resource agents
– db2: major rewrite and support for master/slave mode of operation
– exportfs: backup/restore of rmtab is back
– mysql: multiple improvements for master/slave and replication
– ocft: new tests for pgsql, postfix, and iscsi
– CTDB: minor bug fixes
– pgsql: improve configuration check and probe handling

目新しいところでは、Linux Containers用のRA(lxc)とsymlink用のRA(symlink)が新しく追加されています。
リリースノートの全文はこちらを参照してください。

で。
3.9.1 がリリースされてはみたんですが、
iscsi RA と pgsql RA に問題発生!と若干祭りになりまして
(まあこのRA使ってるユーザが局所的に盛り上がってしまっただけですが)
でやんくんが「ちょっともう3.9.2にしちゃおっか」と決心しました。

Linux-HA Japan も6月末にパッケージ群の更新を予定していたので
どうせなら 3.9.2 を待とうということになったのですが、3.9.2、実はまだでていない。
「6月24日にだしたいねー」とでやんくんが言っていたのですが
その後、どみにくさんが「VirtualDomain RA もちょっと修正したい」と
いろいろ揉めてまして、そんなこんなで本日(6月30日)に至っております。
つーか、たぶんあとはタグをふるだけだと思うんですよねー。
今日中にでそうな気がするんだけどなー。

2011年6月30日19時追記
3.9.2 でました!日本時間16時45分にアナウンスがありました。

1.3 Heartbeat 3.0.5 のリリース(2011/06/16)

約半年ぶりに Heartbaet 3系のリリースが行われました。

Changelog:
– do not request retransmission of lost messages from dead members
– fix segfault due to recursion in api_remove_client_pid
– properly cleanup pending delayed rexmit requests before reset of seqtrack
– create HA_RSCTMP on start, if necessary
– improve detection of pacemaker clusters in init script

最初の3つは、発生条件が限られているので、よっぽどのことがない限り
この修正の恩恵にはあずからないかもしれません。
残り2つは、一時ディレクトリの作成や起動スクリプトの改善なので
実行時の動作に大きな影響を与える修正ではありません。

で。
こちらもリリースの翌日にこんな修正がとりこまれています。

コメントをぱっと見た感じ、32ビットだとなにか恐ろしげなことがおこるとか?
実は64ビットのほうがやばいんじゃね?という噂もありますが
どっちにしろ気になる修正です。

Linux-HA Japan のパッケージに含まれる Heartbeat 3.0.5 は
上記の修正も取り込んだ状態でビルドしています。

今回はリリースの直後にばたばた修正が入るパターンが多くて、やれやれでしたわ…。

Pages: 1 2 3

Comments are closed.