Linux-HA Japan プロジェクト


Linux上で高可用(HA)クラスタシステムを構築するための 部品として、オープンソースの、クラスタリソースマネージャ、ク ラスタ通信レイヤ、ブロックデバイス複製、その他、さまざまなアプリケーションに対応するための数多くのリソースエージェント等を、日本国内向けに維持管理、支援等を行っているプロジェクトです。

今は主に Pacemaker , Heartbeat , Corosync , DRBD等を扱ってます。

 

Pacemakerの概要 Pacemakerが対応する故障や構成、バージョンの選び方等について記載しています。
ダウンロード RHELおよびCentOS等のRHEL互換OS向けPacemaker RPMパッケージ(yumのリポジトリ形式)をダウンロードできます。Pacemaker本体およびCorosync/Heartbeatはもちろん、設定ファイル(crm)作成支援ツール、ディスク監視機能、STONITH支援ツールなどLinux-HA Japan独自の便利ツールも同梱し、インストールが楽ちんになっています。
マニュアル 本家コミュニティ提供の公式マニュアルやLinux-HA Japan提供の翻訳マニュアル。
マニュアル読んでもよくわからない場合は、過去のカンファレンス勉強会等の発表資料も参考に。
メーリングリスト インストール方法や設定方法等の質問はMLまで。
※投稿するにはメールアドレスの登録が必要です。
イベント情報 カンファレンスへの出展や講演、勉強会開催情報、講演時のスライド公開など。
開発者向けサイト Linux-HA Japan開発者向けサイトです。Linux-HA Japan独自開発機能のソースコードやバイナリのダウンロード等。

Twitter 公式ハッシュタグ #linux_ha_jp

 

本サイトに関するお問い合わせは、Linux-HA Japan メーリングリスト管理者

( linux-ha-japan-owner アット lists.osdn.me ) までお願いいたします。

 

 

Pacemaker
on Google+